年齢に負けないダイエット!基礎代謝を上げる秘密兵器

なかなか痩せないとお悩みの方は、ぜひお試しを!

年齢に負けないダイエット!基礎代謝を上げる秘密兵器

年齢が上がるとなんだか太りやすく痩せにくいな、と感じている方は 少なくないはず。その原因は加齢による基礎代謝量の減少によるものです。 でも、そんな方でも、基礎代謝を上げることができる方法が実はあるのです。

それは、エネルギーを消費するために必要な栄養素をしっかりと 取り込むことです。その栄養素とは何でしょう。 それは、クエン酸です。

薬剤師は、今では様々な働き方が用意されており、自分のライフスタイルに合わせて自由に選択できるようになっています。子育てと仕事を両立させたいというママさん薬剤師を始め、女性薬剤師さん達に派遣薬剤師という働き方が人気となっています。

「エネルギーを消費するためには、クエン酸サイクルというサイクルに 取り込まれ、クエン酸などによって分解されてはじめてエネルギーとなる」 とう説があります。

つまり、クエン酸が不足すると、体に取り込まれた栄養素がエネルギーに 変わることができないのです。

「お酢が体によい」といわれるのは、お酢を取り込むことでクエン酸 サイクルを活発にする効果があるからです。 脂肪を分解し、エネルギーに変えることができます。

他にも、お酢には利尿作用もあり、むくみを取る効果があります。 また、お酢はコレステロールをゆっくりと下げる効果があるので、 血液をさらさらにしてくれます。

その他にも、疲労を回復させ、便秘を防ぐ効果があります。 お酢はカルシウムを溶かすので、反対に体内で吸収しやすくなる効果も あります。

薬剤師の職場の中でも、最も代表的なのが「調剤薬局」です。調剤薬局と言っても大手チェーン店や規模の小さな個人店など様々です。どちらにしても薬剤師の役割に違いはありませんが、給与や待遇の面で違いがあるようです。

お酢はこんなに体によいものですから、ぜひ、積極的に摂りたいものです。 おすすめな摂取方法は、少量のお酢を直接飲むこと。 おちょこ1杯分でよいので、食後に飲んでみましょう。

お酢は刺激や臭いが強いため、直接飲めない方は、料理で摂りましょう。 酢の物、サラダのドレッシングの他、鍋物に使うポン酢にもお酢は 含まれます。お酢を使う料理で言うと冷やし中華や、酢豚などの 中華料理を食べるのもいいですね。

また、お酢以外にもレモンやゆず、かぼすなどの柑橘類にもクエン酸は 含まれます。魚料理や肉料理に、レモン汁やかぼすを絞った汁をかけても クエン酸を摂ることができます。

紅茶にレモンを入れたり、レモネードを飲んだりしても良いでしょう。 リンゴ酢などを炭酸やお湯、牛乳などで割って飲んでもおいしいものです。

体重が気になった時、疲れている時にはクエン酸を摂り、ダイエットと 疲労回復に利用してください。