体質別ダイエット法! 自分の体質を見極めよう

自分に合ったダイエット方法ってなに?!

体質別ダイエット法! 自分の体質を見極めよう

「食べてもあまり太らない体質なの」という人がいます。 痩せなくて悩んでいる人には「世の中、こんなに不公平でいいの?」という 気持ちになりますが、人それぞれ、体質も千差万別なので仕方がないこと ですね。

見た目や能力同様、人によって代謝機能にも差があります。 日本人の代謝能力の違いは、大きく3つのタイプに分けることができます。 そのタイプの違いは、生まれつきにもっている遺伝子によって決まって いるそうです。

看護師の働き方も様々あります。その中でも、ライフスタイルに合わせた働き方ができる派遣看護師の人気が高まっています。ここでは派遣看護師に強い求人サイトの選び方についてご紹介いたします。

ひとつめは、β2ARという遺伝子を持つ方です。 からだが丸みを帯びていて、太る時には、内臓脂肪が付きやすくお腹が 出やすいタイプです。気質的には大らかでマイペースな人が多いと 言われています。

このタイプをリンゴ型と呼びます。 日本人の1/3が当てはまり、男性や閉経後の女性に多く見られます。 基礎代謝量が少ないため、最も太りやすいタイプです。

リンゴ型の人は、炭水化物や糖質で太る場合が多いので、 食事の時の食べる順番を工夫すると良いでしょう。 まず、野菜サラダや野菜や海草が多く入ったスープなど、 食物繊維が入ったものを先に食べ、次に、肉や魚などのタンパク質の ものを食べ、最後にご飯などの炭水化物を食べるようにします。

早食いで量を多く食べてしまうことが多いので、良く噛んでゆっくり 食べると量を減らすことができます。

ふたつめは、β3ARという遺伝子を持つ方です。 筋肉質で、骨格がしっかりとしており、太る時には太ももやおしりなど、 下半身に肉が付きやすいタイプです。

気質的にはまじめで誠実で、熱中しやすい人が多いと言われています。 このタイプを洋なし型と呼びます。日本人の1/4が当てはまり、 皮下脂肪が付きやすい女性に多いタイプです。

このタイプもリンゴ型ほどではありませんが、 基礎代謝量が少なめなため、太りやすいと言われます。

洋なし型の人は、脂肪分が多い食べ物を好む上、炭水化物や糖質の 代謝が良くないので、食べる順番が大切です。

まず、野菜サラダや野菜や海草が多く入ったスープなど、 食物繊維が入ったものを先に食べ、次に、ご飯などの炭水化物を食べ、 最後に肉や魚などのタンパク質のものを食べるようにします。 むくみやすいため、適度な運動をし、体を温めると効果的です。

最後は、UCP1という遺伝子を持つ方です。 手足がほっそりと長く、筋肉も少なめで全体的にひょろっとした印象を 持たれるタイプです。

気質的には神経質で、完璧主義的な人が多いと言われています。 このタイプをバナナ型と呼び、日本人の約15%が当てはまります。 基礎代謝量が高いため、最も太りにくいタイプですが、その分一度太ると 痩せにくいタイプです。

下腹部に皮下脂肪が溜まって太りやすいので、部分マッサージや運動を すると良いでしょう。